カテゴリ:つぶやき( 7 )
あれやこれや。
b0002453_6313122.jpg
いやぁ、なんだかまとまらない日々だ。
妄想ばかりしてて、すすんでない。
じぶんの道をすすんでいきたいんだけどな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

画像は、伊豆高原のテディベア・ミュージアムのショップで買ったぬいぐるみ。
むかしふうなところが可愛くって!
シュタイフのちっちゃいのとどっちにするかなやんだんだけど、このこにした。
こどもにとられがちだけど、可愛がろっと。
いくつになっても可愛いもの好き…。
[PR]
by mockingbir1 | 2005-07-07 06:31 | つぶやき
ほいくえんの行事が終わって。
ここ数ヶ月、わたしのこころにおもーくのしかかってた、ほいくえんの行事がきょう終わりました。
役員だったので、下準備からはじまって、あれこれと動かなくちゃならず、きぶん的にたいへんでした。

こういう役員をひきうけていつもおもうのは、「…む、向いてない」ってこと(苦笑)。
みんなをまとめるほどの統率力ないしな〜。
それがわかっててひきうけるのだから、プレッシャーも大きいはずだわ(苦笑)。

でも。どうにか終わったからよかった♪
まだ書記として、まとめの仕事がのこってはいるけど、これで80%は終わった気がしてる。
「たいへんだ〜」とおもうことがいっぱいあったけど、みんなでつくりあげたきもちが大きいから、いまは満足。
いままで参加するだけだった行事の裏側を知ったことで、来年は積極的におてつだいできるしね。

昨夜からぜんそくが出てしまって、「ヒー、やばいっ」とおもってたんだけど、本番はそれをだれにも気づかれずにすぎて、家にかえってきたら緊張がとけたのか、いまだにゼイゼイしてる。
この行事が終わったら、たのしみによもうとおもって、きのう夫に買ってきてもらった『つれづれノート』(銀色夏生・著)の最新刊も数ページよんだだけ。
夏のおたのしみ、ホッピーものもうとおもって、さっき買ってきたんだけど、それものめずに冷蔵庫に冷えたまま。
とりあえず、体力回復につとめます…。
[PR]
by mockingbir1 | 2005-06-26 23:40 | つぶやき
美空ひばり/ジャズ&スタンダード
b0002453_585465.jpg
つ、ついに買ってしまった。
『美空ひばり/ジャズ&スタンダード』を!


すごいです。
ひばりさん、唄うますぎ…!
日本語詩がでてくるのが「ん?」ってかんじだったけど、あまりの
うまさに日本語だっていうのが気にならなくなってくる(笑)。
ちなみに『恋人よ我れに帰れ』と『スターダスト』、『慕情』は
ぜんぶ英語で唄ってらっしゃいます。
これはかっこいいよ!!

なんかねぇ、女王の風格をかんじた。
ジャズをちゃんとじぶんのものにしてる。
天才といわれた訳が、ちょっとわかった気がした。
[PR]
by mockingbir1 | 2005-06-10 06:30 | つぶやき
美空ひばり、フォーエバー!
このタイトルで引いたひと、手をあげてー(苦笑)!

さいきんテレビでよく“美空ひばり”の名を耳にすることが多いなぁっておもってた。
そうしたら、今年はひばりさんの17回忌なんだそう。
…はやいねぇ。
ひばりさんといえば、“昭和の歌姫”だもんねぇ。

むかし、テレビのひばりさんに目がくぎづけになってるおじいちゃんやおばあちゃんを見ると
「なぁんでこのひとがいいんだろ。たしかにうまいけど、バタくさいじゃん」っておもってたんだけど、
わたしも歳をとったよ、いまじゃひばりさんのスゴさがわかるもんね。

だから、先週放送されてた『美空ひばり物語』、つい見ちゃった。
ひばりさんの誕生から、歌手として成功するまでをドラマにしたもの。
ちなみに、おっきくなったひばりさんは上戸彩さんが演じてた。
そうそう、ちっちゃい頃のひばりさん役の子がちゃんとじぶんで唄うところがあったんだけど、
これがすごい上手で!
いかにもプロデューサー・石井ふく子さんが好みそうな子(『渡る世間は〜』の加津ちゃんに似てる)だったね。
話はそれたけど、『悲しき口笛』(♪丘のホテルの〜、ってやつ)って、ひばりさんが9歳か10歳の頃の曲
なんだって!
…驚愕。すごい。
天才としか言いようがない。
情感たっぷりでさ。

きのうもあの伝説の東京ドームのコンサートの舞台裏みたいのをテレビでやってて、ちらりんと見てしまった。
あぁ、もう『美空ひばりベスト』を買ってしまいそう!
こどもの頃はベタなイメージが強かったけど、今じゃあの表現力にひきつけられる。
ジャズを唄ってるアルバムもほしいなー。
[PR]
by mockingbir1 | 2005-06-05 08:28 | つぶやき
自分ひとりでいる。ってこと
b0002453_5115643.jpg
雑誌『ku:nel』のこと。
語ったことはないけれど、創刊当時からのファンでございます。


ライフスタイルをうたう雑誌の先駆け的存在で、『ku:nel』はもはや
語りつくされた感があって、わたしのなかで食傷気味だったこのごろ。
でも、今回の号はとても共感するところがあったので、わすれないためにここに書いておく。

大森ようこさんの記事をよんで。
なんかねぇ、じぶんのこころの奥ふかーくにあったものが呼び覚まされたかんじ。
きゅんとするよ、この記事(笑)。
…わたしもワンストラップのくつはすきだなあ(これってカミングアウト?)。
ちっちゃいころのおでかけっていうと、ワンピースに黒いエナメルのワンストラップシューズ、
だったから。
大森さんとちがって、大きくなるにつれて、見るからに少女っぽいものがなんとなく気恥ずかしくって
おとこのこっぽいもの(ジーンズとか、ショートヘアとか)に興味がうつっていったけど、
blogをはじめてから、じぶんのからだに少女趣味(乙女的嗜好とでもいうかな)が脈々と
流れてるのを知った。

うーん、ながくなってしまう…。
[PR]
by mockingbir1 | 2005-06-05 07:15 | つぶやき
下北沢で見かけたひと、それは…。
今朝、下北沢の駅で俳優の小沢昭一さんを見かけた。
小沢さんといえば、ラジオ“小沢昭一的こころ”だっけね、長寿番組(笑)。
夫がたしか、ほんになったのをもってたなー。実家にあるみたいだから、今度帰ったとき見てみよう。
って、シブイっすねー(笑)。

そういえば、先週は、ホームでしまおまほさんを見た。
目がくるんとおっきくて、見とれちゃったよ。かわいかった。じーん。
「だれか、わたしのほかにも気がついてないかなぁ」って、まわりをふりかえったけど、
だれもしまおさんだとは気がついてなかった。
へへ、いいもの見ちゃった!
[PR]
by mockingbir1 | 2005-06-03 18:31 | つぶやき
1ねんがたちました。
このあいだ、ふと気がついた。
blogをたちあげて、1ねんたったことに。

5がつ31にち。さいしょはJUGEMだった。
とにかく書きたかった。
すきな世界をだれかと共有したかった。
そんなことからはじめたblog。
ポツポツと見てくれるひとがふえてきて、
「こんなちっぽけな存在のじぶんでも、
ひとになにかをかんじてもらえることができるんだな。」
って、うれしかった。
いまも、このきもちはかわってない。
このきもちですべてが成り立ってるとでもいうか。

じぶんのペースを見つめて、ゆっくり発信していくとおもうけど、
これからも書いていきたいなー。
[PR]
by mockingbir1 | 2005-06-03 06:40 | つぶやき